関東アジング釣り場 千葉県豊浜漁港

豊浜漁港は外海が荒れても港内は穏やかでマメアジが入って来やすい港。
国道128号を南下してロータスエザワを左折し、道なりに進むと豊浜漁港。
海側に砂地の有料駐車場がある港内は駐車スペースが狭く有料駐車場を利用して下さい。
豊浜漁港に行くまで道が狭いので安全運転でお願いします。また、港内には有料駐車場がありますのでそちらを利用して下さい。
足場が良く比較的安全ですが、ライフジャケットは必ず着用でお願いします!

住所:〒299-5224 千葉県勝浦市新官176



 

漁港内の常夜灯周りでマメアジ狙い!荒れてなければ港外で良型も狙える!

夏の時期のマメアジは、常夜灯回りに集まるプランクトン、アミを狙って集まってくる。
攻め方としては、軽量ジグヘッドにストレートワームでスローに狙うのが基本戦略となってくる。

また、マメアジは派手なアクションには反応しにくいので、キャスト後あまりアクションを加えずにアタリが出るまでテンシヨンフォールのみで狙うのが釣果アップへの近道。
外海が穏やかな日は消波ブ口ックから堤防の外側を狙うと20㎝オーバーが狙えるので要チェック。
外側は磯場になっており、水深のあるスリットを通ってフィーディングに入るので、そのスリットを重点的に狙っていく。ジグヘッド単体1~2gにストレートワームを使いスローに巻いて来るだけでフィーディングのアジは簡単に釣れるはずだ。





 

おすすめタックルは港内は6ftのショートロッド!港外は固めソリッドティップで!

港内は6ft前後のショートロッド。港外は固めのソリッドティップを使用。
港内ではショートロッドの柔らかめのソリッドティップのロッドであればバイトの弾きが少なく、小さなバイトも掛けやすい。ラインはPE0.3号に、リーダーはフロロ0.3号がおすすめ。ワームは小型で細めのストレートワームが無難。

港外を狙うタックルは、小さなバイトも掛けていける固めのソリッドティップのロッドがおすすめ。長さも感度が悪くならない範囲で長めのものを選ぶとよい。
ラインはPE0.3号にリーダーはフロロ0.8号。ルアーは2インチ程度の細身のストレートワームがおすすめ。




 

ベストシーズンは夏の7〜9月!

7月から9月にかけては、外房エリアではマメアジが港内に入ってくるので、港内の常夜灯付近がマメアジの溜まり場となる。また、外側の磯場では、水深があるエリアが狙い所。