関東エギング アオリイカ釣り場  静岡県西伊豆町宇久須港

伊豆半島の西に位置する宇久須港は、エギング以外にも青物やキスなど、多くの魚種が狙え多くの釣り人が訪れるポイントである。

沼津ICから伊豆縦貫道を経由し、国道136号を南下、宇久須南交差点、またはトンネルを抜けた芝交差点を右折するとポイ外へ到着する。宇久須港メインとなる堤防は沖に張り出している赤灯台が目印の堤防である。外側は消波ブロックが敷き詰められていて、その上からの釣りとなるので滑りにくい靴を着用し、必ずライフジャケットを身につけよう。また、赤灯台の堤防は夜釣り禁止となっているので注意してください。そして釣りをする際は、漁師の方や近隣住民の方に迷惑にならないように配慮をお願いします。


〒410-3501 静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須270




潮通しの良い赤い灯台の堤防をメインに港内のアマモ帯で遅い産卵個体をチェック!

赤灯台の堤防は潮通しが良く、沖には横に伸びるブレイクがある。そして堤防中間から徐々に深くなっていくため狙い目のポイント。ここは朝夕マヅメの時間帯や捕食のために回遊してくるアオリイカが狙える場所だ。港の内側は砂地がメインで、アマモ帯が広がっている。数は少ないものの遅い産卵個体が狙えるので、ぜひ押さえておきたいポイント。

特に青物の回遊が落ち着いてくる朝夕マヅメにバイトが集中するはずなので、その時間帯は赤灯台はもちろん港内でも重点的にチェックしよう。

また、上げ始めや下げ始めにはアオリイカも捕食のタイミングとなりやすくヒットの確率が高い。
そして港外は潮の流れが速いため、潮のヨレや流れが弱まるタイミングも良くなってくる。




 

風の影響が受けにくいPEライン0.6号を使用したタックルで!

風の影響が受けにくいPEライン0.6号を使用。ロッHは8~9ftのMからMHクラスのエギングロッドが使いやすいでしょう。
リールは3000番クラス、PEラインは風の影響を受けにくい、アーマードF+プロ0.6号(デュエル)が特におすすめ!、リーダーは根ズレに強く耐久性がある、シーガーのグランドマックス2.5号がおすすめです。




オススメ時期は7月~9月!遅めの産卵個体を釣りでアオリイカを狙える。

夏のシーズンでも港内のアマモ帯では遅めの産卵個体がまだまだ狙える。
外洋に面したポイントでは、アオリイカが小魚を捕食するために回遊の個体が狙える。