九州エギング釣り場 長崎県平戸市 京崎の岸際

平戸に入り、岩の上大橋信号を左折し383号線を道なりに進む。シイタケの看板があるのでそこを左折し、道なりに下り、突き当りまで進む。
工場があるので駐車や昼間など特に迷惑が掛からないように心掛けてほしい。車は突き当りの岸壁に駐車できるがきれいに入れて5台程度です。


〒859-5366 長崎県平戸市宝亀町91



夜間と朝夕まずめは数狙いもできる爆釣ポイント

竹原エリアは激流ポイントが多くその一つが忠海周辺。該当ポイントは小規模ワンドを形成するように波止場が作れらている波止場サーフだ。
南西からの潮を受けて回遊魚を招き来やすい上にワンド内も良く潮が動き大量のアマモが群生しており、潮位の高い日の時合は高確率で親イカに出会える。

波止場だけではなく周辺も潮流が良く効いているため、広く狙うことも出来る。
中潮以上の満潮前後の時合がおススメ。潮位が低い場合は東側の波止から深場を狙うのが良い。

外海側のブレイクや深場を狙う場合は3.5寸が基本で良いが、ワンド内への回遊タイミングに合わせて短いレンジかつシャローを狙う場合はシルエットを抑えて、2.5号~3号のエギも有効。




エギの使い分けで釣果に差をつけよう!

エギングタックル8ft前後、リール2500番~3000番。PE0.6号リーダー2号がオススメ。

まずは、エギはグロー系のハイアピールでまずは探り、その後、地味目のカラーにチェンジして探るようにしている。
重さはまずは4号程度を基準として使用するが、キャストする場所が浅い場所や強風などに応じて軽くしたり重くしたりして使い分けよう。
足場が高いためタモやギャフは必須アイテムだ。



ベストシーズンは7月から9月の夏のシーズン!

夏の朝まずめや、夕まずめは特にベイトが溜まりやすくアオリイカの回遊が多い。
また、シモリや海藻などイカが休む場所も多く、居着き場所になっているので夏に限らず年中アオリイカがねらえるのもここのポイントの特徴。