土浦を流れる霞ヶ浦水系の新川のおすすめバス釣りポイントを紹介してきます!

霞ヶ浦おかっぱりバス釣りポイント!新川 土浦税務署前!

土浦駅から徒歩圏内のアクセス良好の小規模河川の新川は、河川沿いが護岸がされており、エントリーもしやすく初心者の方でも楽しみやすい場所です!

駐車スペースが少ないので、仲間連れでいく際は土浦駅から行くか、乗り合わせで行くようにしましょう。

〒300-0042 茨城県土浦市城北町4−15

霞ヶ浦バス釣りポイント新川の浦税務署前は水深が浅くサイトフィッシングが可能!

新川は全体的に水深が1〜2mほどの浅い川となります。水質も比較的良く、高い場所からだとバスがスクールしているのが見えるほどです。

また、バスだけではなく、ベイトフィッシュも豊富な川なので、バス釣りだけでなく、鯉釣りをされている方もいらっしゃるので、トラブルを避ける為に釣り人同士のマナーには気をつけましょう。

新川はストラクチャーにも恵まれたポイントになります。

橋脚下や護岸、リリーパッドなど、流れ込み、狙うポイントが多く存在するので、一箇所で粘らずにランガンでテンポよく打って行くと良いでしょう。

アプローチしやすい場所なので、釣り人のプレッシャーもそれなりに高いポイントです。

バスもルアーに慣れているので、ルアーをよく見ながら食ってきます。

できる限り、バスからの距離をとる為に、近くばかり打たずに遠投で対岸側のストラクチャーや流れ込みを狙うようにすると良いでしょう。

その為にキャスティング精度を上げる練習をしておきましょう。

霞ヶ浦おかっぱりポイント!新川の土浦税務署前おすすめルアーは!?

ズバリ!トップウォーター系ルアーのルアーです!

水面のアクションでバスを騙すようなアプローチを心がけましょう!

新川の土浦税務署前のポイントは、水面にゴミが溜まっていたり、夏場にはリリーパッドができていたりします。

そこをトップ系の虫系ルアーで攻めるとかなりの確率で反応をしてくれます!

水深も浅が浅く、バスもこちら側を目視できるほどなので、ハードルアーの巻きだけだと中々口を使ってくれません。

もしくは、ライトテキサスなどで、ボトムに優しくシンカーを当てながら巻いてくるのもおすすめです!

大水のあとなどで、水面のストラクチャーが一掃されてしまっているときは、橋脚下や護岸をネコリグで攻めて行くのが定石です。

ただ、この場合、バスの回遊ルートが分かっていないと効率の悪い釣りになってしまいますので、ルアーを投げる前に、バスの行動を観察するところから始める方が結果的に釣果に繋がると思います。

シーズンは初夏から晩秋!夏バテしたバスに口を使わせよう!

新川のこの場所は水深が浅い為、バスが越冬できるポイントではありません。

その為、温排水が流れる場所以外は冬の釣りは厳しいでしょう。

ただ、春のスポーニング時期や、本湖の水温が上がる初夏から晩秋にかけてはかなりの確率でバスが入ってきます。

土浦近辺の河川だと、ついつい桜川に行ってしまいがちですが、新川はアクセスも良く護岸も綺麗で十分にバスが狙える場所です。

駐車等の交通ルールや、ゴミ等の釣りのマナーには気をつけてバス釣りを楽しみましょう!