高級ロックフィッシュ(根魚)のキジハタが釣れる鹿児島の桜島地磯の釣りポイントを紹介します!

アベレージは20cm~25cmと小さめですが、最大50cmクラスも狙えるので大物狙いの方もおすすめです!

鹿児島キジハタおすすめポイント桜島地磯への行き方!

鹿児島港から桜島フェリーで桜島へ向かいます。

そこからは車で5分、駐車場からは徒歩で10分程です。

もっと楽な行き方は鹿児島港から磯渡し船で桜島地磯へいきます。

こちらの方が楽な上、現地情報が入手できるのでおすすめです。
(天竜丸:電話090-4584-6167)

溶岩がメインの足場なので、角が鋭く転倒して手をついたりすると大変危険です。

ライフジャケットはもちろんですが、足元が滑らないようにスパイスシューズ、ケガ防止のためにグローブを着用して下さい。


〒891-1419 鹿児島県鹿児島市桜島横山町

鹿児島キジハタポイント桜島地磯はスイミング&居つき狙いの2パターンの釣りで喰わせる!

シャローエリアだったり、ちょっとキャストすれば届く範囲に水深30mラインがあったりと、地形の変化に富んだ桜島の地磯です。

南のロックフィッシュ天国の異名を持つ鹿児島の中でも、屈指の魚影を誇るのがこの錦江湾内の桜島周囲の地磯です。

狙い方は2パターンです。

ベイトフィッシュを追い回している時間帯や高活性のときは、シャッド系ワームのスイミングパターンで魚を誘い出し喰わせる釣り。

活性が低かったり、ベイトフィッシュが見当たらないようなときはクロー系やホッグ系のワムで居付きの魚に対してダイレクトに攻める釣り。

と、状況に合わせてローテーションして攻め方を変えましょう!

また、潮位が激しく変化するフィールドなので魚のポジションも激しく変化し、さらにはベイトの動きで一気に魚が移動することもしばしばあります。

少し攻めて反応のないエリアは粘らず移動し、1尾でも釣れたエリアは少し粘るラン&ガンがオススメです。

鹿児島キジハタポイント桜島地磯のおすすめタックルとルアーは!?

おすすめタックルは根に潜られないためのバットパワーが強いロッドとハイギヤのベイトリールになります。

ロッドは遠投が効き、大型がかかってもパワー負けしないアブガルシア・ロックスイーパー992EXHがおすすめです。

リールはラインキャパもしっかりあり、パワーゲームをするのに優れているギアをもつシマノのリールがおすすめです。

ラインは根ズレに強いフロロカーボンの16~20lbがおすすめです。

シンカーは根がかり回避性能の高いボトムコップステイタイプ28g(ティクト)が良いです。

フックはワーム321バルキースタイル#2/0~30(がまかつ)。

鹿児島キジハタポイント桜島地磯のおすすめシーズンは!?

桜島地磯のおすすめシーズンは秋です!

具体的には9月から11月末ごろまでがベストシーズンになります。

越冬を意識してキジハタも荒喰いをする時期なので、脂がのっていて食べても美味しい時期になります!