愛知県のシーバスポイント碧南市の須磨海岸緑地を紹介していきます。

ここで釣れるシーバスのアベレージサイズは40cm~50cmとそれほど大きくはありませんが、数釣りが楽しめるポイントになります!

愛知シーバスポイント 須磨海岸緑地への行き方

国道247号線碧ICを降りて西へ向かい突き当りにある駐車場へ、タコのモニュメントが目印になります。

公園は、釣りを楽しむアングラーのみではなく散歩やランニングを楽しむ方々も集うためキャスト時は周囲に気を配ることを心掛けましょう。

また、足場が高いためランディングネットを用意し、確実なランディングをしましょう!

愛知シーバスポイント 須磨海岸緑地の釣法

足元が浅いポイントなので高い潮位のときが高実績!

須磨海岸緑地は、足場も良く安全に釣りを楽しめ、この時期はナイト中心のバチ抜けシーバスゲームが楽しめます。

そして、シーバスがバチを捕食した際に海面に現れるライズリングと捕食音を探しながら明暗部と潮目を狙ってみることが釣果への近道です。

ライズリングが確認できなくてもリトリーブレンジを落としていくことでバイトが出ることもあるためルアーを交換しながらリトリーブスピードを調整してシーバスの捕食レンジを探しまカラーによる反応の違いも多いため視認性に優れたカラーとクリア系のカラーは最低でも持参したいところです。

流れの変化によって生じる潮目が好ポイントとなり、ここ須磨海岸緑地は遠浅で足元の水深が浅いため満潮前後が高実績です。

潮汐を確認して潮位が高いタイミングで釣行することをおすすめします。

愛知シーバスポイント 須磨海岸緑地のおすすめタックル

喰い込みの良いロッドで小さなアタリもフッキング!
パチを捕食するシーバスのバイトは吸い込みが浅く硬いロッドではフッキングに至らないことも多いです。

そのロッドは喰い込みの良いMLクラスかLクラスを選択することで小さなアタリをフッキングに繋げます。

ソリッドティップのロッドは特にバチ抜けの際は良いでしょう。

シーバスの捕食ポイントが遠くてもルアーをプレゼンできることを想定してラインを細くし、飛距離が稼げるルアーをおすすめします。

愛知シーバスポイント 須磨海岸緑地のおすすめ時期

このポイントのおすすめシーズンは2月から5月頃までのバチ抜けシーズンになります。

この時期のシーバスはバチを偏食しており、ルアー選択はシビアになりますが、ハマると数釣りが楽しめる初心者にもおすすめの時期になります!