愛知県常滑市りんくう町にあるりんくう緑地つり護岸(常滑海釣り公園)を紹介していきます!

このポイントでは40~60cmのマゴチが狙えます!

マゴチ以外にもシーバスやロックフィッシュなどのフィッシューターも釣れる釣り場です!

愛知県マゴチポイント 常滑市 りんくう緑地つり護岸(常滑海釣り公園)への行き方

知多半島横断道路セントレアライン りんくうIC下車りんくうIC交差点直進市役所西交差点を右折 道なりに進み、りんくう緑地つり護岸中部国際空港が一望でき、景観的にも楽しめる手すりやスロープなどもあり、釣り人に優しい造りゆえ、餌釣りやファミリーフィッシングも盛んな釣り公園です。

マナーを守ってトラブルなどにはならないように気をつけましょう。

愛知県マゴチポイント りんくう緑地つり護岸(常滑海釣り公園)の釣法

シャローへ入ってくるマゴチを狙い撃ち!

中部国際空港の開港へ向けて埋め立てられた前島です。

張り出した形が特的で、その外側に作られているのがりんくう釣り護岸になります。

無料駐車場、綺麗な公衆トイレ、自販機などもあり環境的には申し分あります。

また、空港島との間の潮通しも大変よく、ベイトフィッシュも豊富です。

マゴチ以外にも、シーバスやロックフィッシュ、アオリイカ等、フィッシュイーターの回遊も期待できます。

ポイントの大半が水深3〜4mとやや浅めで、海底の変化もあまり感じられません。

沖側にあるチャンネルからフィーディングでシャローに入ってくるので、釣れるときには数釣りも期待できます。

狙い方は、日中マゴチは特に上を意識しているので、ルアーをキャストし着底させたあと大きくリフト&テンションフォールです。

当たりのほとんどがフォール中にあるので、ラインスラックは出ないほうが良いです。

愛知県マゴチポイント りんくう緑地つり護岸(常滑海釣り公園)のおすすめタックル

ロッドは着底が分かりやすい感度とパワーが必要

ロッドは10フィート以上のMアクションがおすすめです。
ある程度、感度とパワーのあるロッドの方が着底が分かりやすく、フッキングも決まりやすいです。

リールは3000番クラスに、PE1.5号+リーダー20lb(フロロ)がバランスがいいでしょう。

<<タックル例>>
ロッド:SXX-110M
リール:GAUS30x
ライン:ドラゴンコール8BRAIDPE1.5号
リーダー:ドラゴンコールマイルドフロ20lb

日中はX-CREWでリフト&フォールで攻め、夜はボトルシュリンプのズル引きが有効(※メーカーは全てメガバス)です。

愛知県マゴチポイント りんくう緑地つり護岸(常滑海釣り公園)のおすすめ時期

愛知県常滑市りんくう緑地つり護岸(常滑海釣り公園)のおすすめマゴチシーズンは、4〜7月ごろになります。

この時期はベイトの数も多くなりマゴチ以外にもシーバスなども釣れるので色んな釣りが展開できて楽しめるでしょう!