三重県シーバス,クロソイ,タケノコメバル ポイント 津市 津港

三重県津市の津港を紹介していきます!

このポイントはクロソイ、タケノコメバル、シーバスなどが釣れる釣り場です!

クロソイやタケノコメバル15~20cmくらいMAX40cmほどです。

シーバスは30~50cmとフッコクラスが狙えます!

三重県シーバス,クロソイ,タケノコメバル ポイント 津港への行き方

東名阪高速道の津ICを下車、国道23号方面へ国道23号の交差点を直進、津なぎさまちへ向かう道のマックスバリューがある交差点を右折します。

ローソンをこえて、一つ目の交差点を左折し、道なりに進むとポイントへ到着します。

近隣には住宅もありますので、夜間は迷惑がかからないように、話し声やアイドリング、騒音には十分気を付けましょう。

三重県シーバス,クロソイ,タケノコメバル ポイント 津港の釣法

バチ抜けが始まればシーバスの数釣り!

ポイントに関しては、かなり浅いので潮位が上げ五分以上、下げ五分までが釣りやすいタイミングとなります。

漁港内は、係留している船やロープをうまくかわしながら攻略していきますので少しキャストテクニックが必要です。

川と漁港の境目は、水流のヨレが頻繁に起こるのでチェックしておきたいポイントです。

使用ルアーはテリア(nada)もしくはシャッドテールのワームも好調です。

オープンエリアに関しては、かけあがりをしっかり意識してアプローチしてあげるのがキモです。

しかし、バチ抜けが始まると、根魚よりシーバスが好調になり、おすすめのルアーはエリア10エボやマニックです。

キャスト後、通したいところにラインメンディングし、あとはひたすらただ巻きです。

時合いになると数釣りが楽しめますよ!

三重県シーバス,クロソイ,タケノコメバル ポイント 津港のおすすめタックル

根魚用とシーバス用でラインを変更

ロッドはND762L(nada)、762Lはテリアなどの軽量プラグから10g前後のプラグまで幅広くカバーできるので、根魚からバチ抜けシーバスまでしっかり対応します。

リールは、根魚用ならシマノの02000番サイズ、シーバス用はシマノ2500番サイズを使用しました。

ラインは根魚用ならナイロン3~4lb、シーバス用はPE0.6~0.8号にリーダーをフロロ10~12lbがオススメです。

三重県シーバス,クロソイ,タケノコメバル ポイント 津港のおすすめ時期

三重県津市にある津港のおすすめ釣りシーズンは、2月から5月ごろになります。

この時期はバチ抜けが行われる時期なので、シーバス,クロソイ,タケノコメバルが果敢に捕食をはじめます!

バチ対応したルアーは必須です!しっかりバチ抜け対策して臨みましょう!