広島メバル釣りポイント 尾道市瀬戸田町 瀬戸田港前の遊歩道下

広島県尾道市瀬戸田町にあるメバリングのポイント瀬戸田港前の遊歩道下を紹介していきます!

この釣り場で釣れるメバルの平均サイズは20cm~25cm(最大28cm)になります。

型も良く数釣りが楽しめるのでオススメのポイントです!

広島メバリングポイント 瀬戸田港前の遊歩道下への行き方

山陽自動車道福山西ICを降りて、国道2号を走り瀬戸自動車道、向島ICを目指します。

しばらく道なりで生口島北ICを下車し、最初の信号を左折し真直ぐ道なりに10分程度走ると到着します。

近隣には住宅もあるので、夜間は特に迷惑がかからないようにしましょう。

比較的安全な場所ではありますが、敷石の上に上がる場合はフェルトスパイクが必要になります。

また激流場なのでずライフジャケットを身につけましょう。

広島メバリングポイント 瀬戸田港前の遊歩道下の釣法

障害物に当たる潮を狙えば大型のチャンス!

満潮時でも楽しめる場所ですが潮の流れが速いためなかなか釣りにくいと思います。

そのため潮が緩む干潮の潮止まりから2~3時間前が狙い目です。

それをフォール速度の遅いシンキングペンシルやシンキングミノーなどで狙うのがここでの鉄板パターンです。

アクションはスローリトリーブが基本で、上流側にキャストしてゆっくりトレースしてみましょう。

また大潮や中潮などの潮位の大きい潮の場合、3時間前あたりで入ると潮の流れが早くなったり遅くなったりを繰り返すことが多く、そんな場合はリップレスミノーを使用し、トゥイッチをしながら下流に流すアクションでバイトを待つと良いと思います。

狙う場所は敷石エンドに生える藻群がオススメです。

特に大物はショアランから20m先のブレイクラインに点在する岩と藻がオススメです。

それら障害物に当たる潮付近を中心に狙うとランカーメバルの確率は高くなります。

広島メバリングポイント 瀬戸田港前の遊歩道下のおすすめタックル

ショートバイトでもノリが良い先調子のMLパワーが◎

ロッドは遠投もみ要な場所なので7ft前半のレギュラーテーパーがオススメです。

リールはトウイッチやドリフトで出た糸ふけを瞬時に巻き取れる2000番クラスのハイギアが良いと思います。

ラインはプラグのフォールスピードを更に遅くするためPEライン0.6号を推奨します。

リーダーはシーバスやマダイなどの思わぬ外道にプラグを持っていかれぬよう強気のフロロ6lbがオススメです。

広島メバリングポイント 瀬戸田港前の遊歩道下のおすすめ時期

広島県尾道市瀬戸田町の瀬戸田港前の遊歩道下のおすすめメバリングシーズンは春になります!

具体的には、2月ごろから5月ごろまでになります!

花粉症で厳しい方もいると思いますが、春一番から梅雨入り前までがベストシーズンになります!