広島アジングポイント 江田島市沖見町 畑漁港

広島県江田島市沖見町にあるアジングポイント畑漁港を紹介していきます!

このポイントではマルアジの25cm〜40cmくらいが狙えます。

広島アジングポイント 畑漁港への行き方

ポイントのある江田島市へは、広島市から国道31号線を利用し呉市ヘ向かいます。

呉市から音戸大橋、早瀬大橋経由で辿り着きます。

呉や広島から出発するフェリーに乗って向かうこともできます。

江田島市からは西へ移動し、県道36番線で進む。江田島市役所沖美支所がポイント付近となります。

広島アジングポイント 畑漁港の釣法

マヅメ時のチャンスを逃さず爆釣を狙おう!

水深が深く、潮流を受けやすい構造。常夜灯もあり、ベイトフィッシュとなるカタクチイワシが滞在していることが多いです。

マルアジの狙い目は朝マヅメから朝9時くらいです。

イワシが沖へ出て行くタイミングで捕食を開始するが、状況が良ければマヅメ時からマルアジが漁港側に寄りボイルが発生します。

ボイル撃ちをする場合は距離に合わせて重さを調節し、メタルジグの重さは25gくらいまでがオススメです。

基本アクションは3〜4回のジャークとテンションフォール、渋い日などは、防波堤先端周辺の外海側のボトムをロングジャーク&スローフォールで潮流に同調させながら丁寧に探りましょう。

高活性だとショートピッチの巻上げに反応します。

マルアジの他にもマダイやマゴチ、サゴシ、ハマチも入ってくるため、イワシ接岸の時期は楽しい釣りが出来ます。

広島アジングポイント 畑漁港のおすすめタックル

パワーのあるタックルセレクトがオススメ!

ロッドはライトキャスティングロッドまたはエギングロッド、パワーのあるアジングロッド、8ft前後を使用します。

リールはDAIWA2500番台、シマノ3000番台です。

ラインはPE0.6〜1号、リーダーはFC8lb〜12lb、ルアーはメタルジグ10g〜25g(フロントアシストフック+リアトレブルフック)を使用します。

想定外の魚に対応できるように、少しだけパワーがあるタックルかライトジギングタックルを別に用意しておくと後悔しません(笑)。

広島アジングポイント 畑漁港のおすすめ時期

広島県江田島市沖見町にある畑漁港のおすすめアジングシーズンは夏になります。

具体的には5月〜8月ごろがベストシーズンです。

熱中症には気をつけて、水分補給をまめにして釣りを楽しみましょう!