多摩川シーバスポイントを紹介していきます!

今回紹介するポイントは、神奈川県川崎市にある多摩川六郷土手付近になります。

この釣り場で釣れるシーバスは40cm〜60cmのフッコクラスになります。

神奈川県シーバスポイント 多摩川六郷土手付近への行き方

国道15号を走り、六郷橋を目指す。川辺には階段が設置されているのでそこを下りてポイント到着となります。

電車でのアクセスの際は京急六郷土手、もしくは川崎駅が最寄り駅となる駅からは徒歩15分程で到着する近隣には住宅もあるので、夜間は特に迷惑がかからないように、騒音には十分に気を付けましょう。

比較的安全な場所ではありますが、足元から河川にかけて斜面になっており滑りやすくなっているので注意しましょう。

神奈川県シーバスポイント 多摩川六郷土手付近の釣法

常にシーバスが居付く都会の有望ポイント!

このポイントはシーズンを問わずシーバスが狙いやすい場所です。

足元から左右にブレイクが伸びているので、ラン&ガンしながらテンポ良く居付きのシーバスを狙うことが出来ます。

足元でのヒットが多いので足元までしっかりトレースすることが重要です。

下流側には消波ブロックが点在しており、さらにここは川幅が狭くなっているので流れの変化が生じやすく、活性の高いシーバスがいます。

回遊シーバスを狙う際は沖の潮目橋脚のヨレを狙います。

潮目やヨレは沖に発生する事が多いので、遠投性のあるルアーを準備しておいた方が良いと思います。

また、立ち位置やルアーのトレースコースを常に変えることで魚からのコンタクトを得る確率が上がり、パターンを掴めたら数釣りも楽しめます。

ポイント周辺は住宅街なので、ナイトゲームの際は特に騒音などに気をつけましょう。

神奈川県シーバスポイント 多摩川六郷土手付近のおすすめタックル

遠投できるロッドにPE1号以上を推奨!

遠投性が要求されるので、ロッドは9ftクラスが望ましいです。

リールはシマノであれば4000番クラス、良型サイズが釣れることがあるため、ラインはPE1号以上がおすすめです。

ルアーは、じっくり足元までトレースしたいときにスパニエル90S (nada.)を使用します。

サーフェスウィング147Fは、遠投性に優れており立ち上がりも良いので沖の潮目やヨレを狙うときに使用します。

神奈川県シーバスポイント 多摩川六郷土手付近のおすすめ時期

多摩川のシーバスポイント、神奈川県川崎市の多摩川六郷土手付近のおすすめ釣りシーズンは夏になります。

具体的には、6月ごろから9月ごろがベストシーズンになります。

鮎釣りが解禁になったぐらいから徐々にシーバスがさし始め、落ち鮎が流れてくるからいまでがシーバスを狙うにはいい時期になります。