高知シーバスポイント 高知市 国分川 下の瀬大橋

高知県高知市にある国分川の下の瀬大橋のシーバスポイントを紹介していきます!

この釣り場では、アベレージサイズ50cm〜75cmのシーバスが狙えます。

高知シーバスポイント 下の瀬大橋の行き方

高知自動車道の高知ICを降りて、44号線を南に2kmほど走ると国分川に架かる下の瀬大橋が見えます。

橋を渡りすぐに左に曲がり上下に分かれた道路を下に降りると、右手に少し広くなったところに駐車できます。

近隣には民家があるので夜間に駐車します。

釣りをする時は騒音には気をつけてください。

足場は良いが所々に苔があるので足元には気をつけてください。

また、橋の上からの釣りは禁止されていますので、絶対にしないようお願いします。

高知シーバスポイント 下の瀬大橋の釣法

この時期はエビパターンがハマる!

この時期に面白いのがエビパターンです。

河川に流れが出ると沈み根や漂流物に付いていたエビが動き出してそれをシーバスが捕食します。

水面を見ているとピョンピョンとエビが跳ね始めると下でシーバスが追い掛け回しています。

このときの攻略はエビが流れに乗って潮下へ向いて逃げ回るので、ルアーをアップに投げてダウンに流すようにするとシーバスは反応します。

エビは水面を泳ぐのでフローティングミノーを表層で引き波を立てるように流してくると好反応です。

反応がなければアクションの少ないシンペンなどで少し下のレンジを巻いて来るとハマるときがあります。

橋脚の外灯による明暗があるが、エビは比較的明るいところで動くことが多く、エビの動きを見ながら明るいところや明暗を攻めたりと色々変えていくと面白いかもしれない。

高知シーバスポイント 下の瀬大橋おすすめタックル

すぐにキャストできる手返し重視タックルで!

距離がいるためロッドは9ftのMクラスが望ましいです。

リールは手返しを考えてハイギヤがおすすめです。

バイトとなるエビはどこで流れてくるか分からないので、見つけたらすぐにキャストできる手返し重視設定です。

ラインはPE1〜1.5号、リーダーはフロロ20〜25lbを使用します。

高知シーバスポイント 下の瀬大橋のおすすめ時期

高知県高知市にある国分川の下の瀬大橋のおすすめシーバス釣りシーズンは秋になります!

具体的には10月〜12月頃がベストシーズンになります。

シーズン後半になるにつれて、サイズも大きくなってくるのでラインブレイクには気をつけましょう。