長崎シーバスポイント 長崎県島原市新田町 大手川河口

長崎県のシーバスポイント、長崎県島原市新田町 大手川河口を紹介して行きます!

この釣り場ではシーバス50cm~60cm(最大80cmオーバー)を狙うことができます!

長崎シーバスポイント 大手川河口の行き方

島原街道251号線を島原市街方面へと南下します。

その後島原駅を過ぎて、大手川にかかる橋の直前の交差点を左折します。

左折後、県南保健所があり付近に駐車スペースがあるのでそこに車を止めましょう。

釣り場までは少し歩きますので、タックルの準備はしっかりしておいてから釣り場にエントリーするようにしましよう。

陸からでも釣りはできますが、アプローチできるポイントが増えるのでウェーティングがオススメです。

駐車違反やゴミを持ち帰るなど基本的なルールは守りましょう。

長崎シーバスポイント 大手川河口の釣法

初心者がエントリーし易く魚影も濃いいおすすめポイント!

今回紹介するのは大手川から河口へと南下していった所にあるポイントです。

水深が浅め(2~3m前後)で、初心者にも気軽にエントリーし易く魚影も子いいので簡単に釣れちゃいます!

アプローチできる範囲が増えるので、ウェーディングの釣行がオススメです。

エリアが広いので粘らず、ラン&ガンしてポイントを探りましょう。

釣り方としては、ボトムを意識し、きっちりとルアーをトレースしてあげることが重要です。

なぜ、ボトムの釣りかと言うと、この時期は回遊するイワシ以外に喰っているベイトがバチから甲殻類へと変わり始めます。

そのため、この時期のシーバスは底を意識するようになるからです。

また、満潮前後に沖からさしてくるやる気のあるシーバスを狙いましょう!

メインとなるルアーはミニエントなどの小型バイブレーションで、リフト&フォールが効果的です。

ただ巻きでも釣れますが、シャローエリアのため喰わせのきっかけを作ってあげることが大事です。

アクションを加えてからのポーズで食わせの間をとることが重要です。

長崎シーバスポイント 大手川河口のおすすめタックル

小型ルアーの遠投が必要のため長くて柔らかめのロッドがおすすめ!

サーフを攻めるため、長め(9~10fほど)のロッドがおすすめです。オープンエリアで小さめのルアーを使うのでロッドのアクションは柔らかめでも大丈夫です。

リールはシマノなら3000~4000番台、ラインはPE0.8号から1.5号で選びましょう。

組み合わせるリーダーはフロロ16-25lbがおすすめです。

ルアーローテーションは小型バイブレーションを使用します。

小型のメタルバイブもおすすめです。

その日に応じて、プラスティック製のバイブと、メタル製のバイブで反応の良い方を見つけましょう!

長崎シーバスポイント 大手川河口のおすすめ時期

長崎県のシーバスポイント、長崎県島原市新田町 大手川河口のおすすめ釣りシーズンは春から夏にかけてになります!

具体的には3月〜6月頃がおすすめ釣り時期です!