青森メバリングポイント 青森県東津軽群平内町 蒲田漁港

青森の東津軽群平内町にあるメバリングポイントの蒲田漁港を紹介します!

この釣り場はメバル釣りで有名なポイントで初心者の方でも楽しめるメバリングポイントになっています!

メバルのアベレージサイズは15~23cmくらいで(最大25cm)数釣りが楽しめます!

青森メバリングポイント 蒲田漁港への行き方

青森市街地から野辺地方面から共に国道4号から土屋バイパス方面の夏泊半島入り口を目指します。

入り口から道なりに県道9号を進むと少し長いトンネルがあり、トンネルを抜けると左側に見えるのが浦田漁港になるポイントには駐車スペースが沢山ありますが、休日も頻繁に漁師さんが使うため邪魔にならないよう十分配慮し、マナーを守って駐車してください!

青森メバリングポイント 蒲田漁港のメバルの釣り方

派手な動きより長めの喰わせの間が大事!

浦田漁港は足場がかなり良いポイントだが、外海側は少し堤防が高いので注意してもらいたいです。

狙いとしては外側の沈みブロック付近です。

または、外側内側共に先端付近と堤防の曲がり付近になり、このポイントで水深が!番ディープエリアとなります。

そして、この時期はベイトがヨコエビになることも多く、堤防周りの潮目付近やボトム付近にメバルが群れてることがあります。

攻め方は、あまり派手にするよりも喰わせの間に長めのテンションフォール,デッドスローでのスイミングを入れると効果的です。

ワーム&ジグヘッドなら1.5g前後を基準として使用しハードプラグでは5gくらいのシンキングペンシルのフォールも好反応。遠目の潮目ならキャロやフロートなどで遠くを狙うのもいいです。

ただし消波ブロックの上での釣りは乗りにくく危険なのでやめた方が良いでしょう。

青森メバリングポイント 蒲田漁港のおすすめタックル

ロッドは7~8ftクラスのソリッドティップのメバリングロッドがおすすめです。

リールはシマノ2000番台に、ラインはナイロンの3lbがバランスがいいです。

ナイロンラインはノリやすくバラシも少ないのでオススメです!

また、ルアーはダートスターの甲殻類を思わせるシルエットと安定したフォールでバイトを誘います。

水深のあるポイントはメパカームで探りましょう。

—-使用ロッド例—-
ブラックスターTZチューンドS72s(ゼスタ)。ソフトソリッドでショートバイトを喰い込ませます。

もう1つはブラックスターS83(ゼスタ)。遠目の潮目などを狙う場合に使用します。

青森メバリングポイント 蒲田漁港のおすすめメバル釣り時期

青森県東津軽群平内町の蒲田漁港のメバリングシーズンは冬の時期になります。

青森という土地柄、11月ごろから4月ごろまで、比較的長くメバル釣りが楽しめます!

風が強いと釣りにならないので、釣りの前には風速を確認してから釣りに出かけましょう!