徳島シーバスポイント 鳴門市松茂町 郡六突堤

徳島県のシーバスポイント、徳島県鳴門市松茂町 郡六突堤を紹介していきます!

この釣り場ではシーバス40cm~60cm(最大85cm)を狙うことができます!

徳島シーバスポイント 郡六突堤の行き方

鳴門淡路自動車道の鳴門ICを下車、国道11号から徳島阿波踊り空港方面へ向かいます。

空港前の道路を進み、空港入口を過ぎて200mほどいくと、ポイントの突堤がみえてきます。

突堤自体は足場が良いが、消波ブロック帯は危険なため注意して釣りをしましょう。

また、昨年から大型の消波ブロックが積み上げられており、突堤南側は特に注意が必要なので、ライフジャケットは必ず着用して釣行してください。

徳島シーバスポイント 郡六突堤の釣法

イワシが水面に浮上する際に起こるボイルを見逃すな!

旧吉野川の右岸を支える導流堤である郡六突堤は、シーバスだけではなく一年中様々なターゲットが狙え、釣り人の人気も高い好スポットです。

また、突堤の南側には200mほどの砂浜もあり、ここはキスの釣り場として有名です。

エサ釣りの人も多いので、キャストなどにも注意が必要です。

そして時合いは朝マズメとなりますが、ベイトフィッシュとなるカタクチイワシは明るくなると水面に浮上して集まる傾向にあるので、完全に陽が上って明るくなるくらいが良いと思います。

狙うポイントとしては、まず辺りをじっくりと観察、シーバスのボイル、または水面のザワつきなどの変化を見つけたら、まずは表層付近から探っていきましょう。

しかし、水面のザワつきの変化は岸近くよりも遠めで起こることが多いので、遠投性能が良いバイブレーションやブレード系のルアーが必携です!

もし、水面のザワつきの変化が近場で起きた場合は、ジグヘッドリグなどで誘っていけば数釣りも可能です。

徳島シーバスポイント 郡六突堤のおすすめタックル

足場に合わせて長めの9ft台ロッドでメバリングロッドがおすすめ!

足場は高く消波ブロックもあるので、ロッドは9ftクラスが使いやすいです。

しかし、遠投のためライン自体は細めにしたいので、パワーはライトクラスがいいでしょう。

そのため、長めのメバルロッドがシーバスロッドよりもおすすめです!

リールはハイギアの2500番クラスのスピニングリールに、ラインはPRライン0.6号、リーダーにフロロリーダー16lbの組み合わせがベストです。

徳島シーバスポイント 郡六突堤のおすすめ時期

徳島県のシーバスポイント、徳島県鳴門市松茂町 郡六突堤のおすすめ釣りシーズンは春から夏にかけてになります!

具体的には6月〜9月頃がおすすめ釣り時期です!

水分補給はしっかり行い、熱中症対策をして釣りを楽しみましょう!