長崎サゴシ・カマスポイント 松浦市 今福港

長崎県にある、サゴシ(サワラ)とカマスのポイント、松浦市の今福港を紹介していきます。

この釣り場では、サゴシ(サワラ)40〜50cm、カマス25cmを釣ることができます。

長崎サゴシ・カマスポイント 今福港の行き方

国道204号線、今福郵便局そばの交差点を北西に過ぎ少し走ると左手にデイリーヤマザキ、右手に港が見えてきます。

フェリー発着所があり、待合所にトイレ、自販機がある車は邪魔にならないように駐車する近くにコンビニもあるため非常に便利です。

駐車禁止場所もあるのでそちらには駐車はしないようにしましょう。

長崎サゴシ・カマスポイント 今福港の釣法

手軽にサゴシ&カマスゲームが楽しめる!

ベイトも豊富で狙える魚種が多く、初心者から上級者まで楽しめる釣り場です。

サゴシもカマスも、メタルジグで手軽に狙える。サゴシは14〜32g程度のメタルジグで狙います。

エギングタックルで簡単に狙えるが歯が鋭いためリーダーを太めにしましょう。

朝マヅメはトップで出ている場合があるので、メタルジグではなくプラグで狙うとリアフックにかかって釣れています。

プラグはベイトサイズでも違うが基本は8〜10㎝程度の表層を狙えるプラグを使います。

カマスは3〜10g程度のメタルジグやスピンテールジグを使用します。

エギングロッドでも良いが、メバルタックルなどでやるとこれもまた面白いです。

この漁港は潮通しが良く、居付きの魚から回遊の魚まで狙え魚影が濃いです。

春は大型のアオリイカの実績もあり秋には数釣りも楽しめます。

長崎サゴシ・カマスポイント 今福港おすすめタックル

メタルジグ主体で使いつつ、プラグ&スピンテールジグでアピール

サゴシは、エギングロッド8ft前後リールは2000~3000番程度ラインはPE0.6号、リーダー5号、メタルジグ、プラグを使い分けて釣りましょう。

カマスはメバルロッド7ft前後がおすすめです。

リールは2000番程度、ラインはPE0.4号にリーダー2号を使用し、メタルジグやスピンテールジグで狙うムーチョルチアAH(マリア)のg数はタックルや魚に合わせるアピールカが強いスピンシャイナー(マリア)はカマスには15g、サゴシにはもう少し重めがオススメです。

長崎サゴシ・カマスポイント 今福港のおすすめ時期

長崎県のサゴシ(サワラ)・カマスポイント、松浦市の今福港のおすすめシーズンは秋になります。

具体的には9月〜11月ごろがベストシーズンになります!

紅葉が終わって落ち葉になる頃くらいまで楽しむことができるでしょう。