越辺川バス釣りポイントおすすめ厳選2箇所!

埼玉バス釣りポイント埼玉県 中央部 越辺川を紹介していきます!

県外からも人気のフィールドで、プレッシャーは少々高めですが、実績も高いです。

埼玉バス釣りポイント 越辺川への行き方

電車 バスの場合、東武東上線 川越駅より東武バス東松山行きに乗り川島郵便局前で下車します。

川島郵便局前より徒歩15分です。

バスの本数が少ないので注意しましょう。

クルマの場合、圏央道 川島ICを出て川越方面へ向かいます。

圏央道の下の交差点を右折し、ひとつ目の信号を右折、その先約150mの小さな道を左折します。

道なりに走ると土手が見えてきますので、そこを目指してください。

ICから約5分で到着します。

埼玉バス釣りポイント 越辺川について

荒川水系の入間川の支流です。

川幅はさほど広くはなく規模の小さな河川です。

10年以上前から地元アングラーに人気のフィールドで、県外からも多くのアングラーが足を運んできます。

人気の上昇にともない、プレッシャーも少々高めです。

しかし、バスの回遊性が非常に強いので、決して難しいフィールドではありません。

ひとつのスポットでヒットが出ても、しばらく時間をおけばフレッシュな回遊バスが入ってきます。

それゆえ、プレッシャーのかかり方が少なくアングラーの数の多さのわりにはスレバスが少ないです。

越辺川は全域にわたってバスが狙えます。

紹介する八幡橋周辺が特に人気のエリアです。

堰、瀬、テトラ、ディープレンジ、ブッシュなど様々なストラクチャーが比較的狭いエリアの中に集約されています。

駐車スペースに限りがあるので通行の妨げにならないように注意しましょう。

越辺川では、入漁料600円が必要です。

埼玉バス釣りポイント 越辺川のおすすめ時期は!?

かつては50cm近い大物のヒットも聞かれました。

最近では40cmをオーバーすれば、まずまずのサイズです。

アベレージサイズは30cmちょっとといったところです。

あまり大きくはないものの、サイズのわりには川バス特有の強い引きでアングラーを楽しませてくれます。

大物の実績は、やはり春のスポーニングに絡んだバスです。

数釣り狙いなら秋がよいでしょう。

冬場の釣果は少々鈍ってしまいますが。

水温が安定しているような場所を狙えば釣ることができます。

越辺川バス釣りポイント①八幡橋上流

全体の流れはゆるやか。狙い目はテトラ

堰の上流に位置しています。

全体の水の動きは比較的ゆるやかです。

最初に狙ってみたいのが、八幡橋の橋脚に固まっているゴミ溜まりです。

橋の上から狙ってもいいです。

欄干がないので落水しないように注意しましょう。

メインで攻めたいのがテトラです。

上流に向かって左側に延々とテトラが入っています。

穴撃ちで隙間をひとつずつテンポよく撃ちましょう。

ラインはフロロの20ポンド以上がおすすめです。

越辺川バス釣りポイント②八幡橋下流

堰堤の急流にもバスがついている

八幡橋のすぐ近くの下流に堰があり、堰から落ちる水の流れは速いです。

この下がU字溝のような凸凹になっていて、バスが入ることがあります。

堰のすぐ下が瀬のようになっています。

朝夕の時間帯はフィーディングバスが上がってくることもあるので、チェックしましょう。

さらに下流に向かうと、流れがゆるやかになり水深も出てきます。

水際の地形に変化のある所を集中して狙うとよいでしょう。