長崎シーバスポイント 長崎県島原市 大手川河口サーフ

長崎県島原市にあるシーバスポイントの大手川河口サーフを紹介していきます!

この釣り場では、シーバス50cm~70cm(最大90cmオーバー)を狙うことができます!

長崎シーバスポイント 大手川河口サーフへの行き方

島原街道251号線を島原市街方面へと南下します。

その後島原駅を過ぎて、大手川にかかる橋の直前の交差点を左折します。

左折後、県南保健所があり付近に駐車スペースがあるのでそこに車を止めましょう。

釣り場までは少し歩きます。準備を入念にして、釣り場にエントリーするようにしましょう。

ショアからでも釣りはできますが、ウェーティングがオススメです。ゴミは持ち帰るなどの基本的なルールは守りましょう。

長崎シーバスポイント 大手川河口サーフの釣法

初心者にオススメのウェーディングポイント!

この大手川河口サーフはブーツでも良いですが、基本はウェーディングで狙う釣りです。

足場が非常によく、水深は手前で2~3メートル前後、深場で7メートルくらいです。初心者も気軽にエントリーしやすく、なおかつ釣れちゃう1級ポイントです。

投げる方向は沖に向かって真っすぐです。

方向は変えず、ラン&ガンで移動しながら広範囲に探っていくのがコツです。

ストラクチャーが沖目に点在しているので、そこにシーバスがつき、ベイトを捕食しにシャローへと上がっていきます。

ルアーは基本ミノー、フラッシング効果が高いカラーがオススメです。

水深1m~1m30㎝くらいまでレンジを下げ、ルアーにしっかりと水を噛ませて泳がせるのがキモになります。

したがって、アクションは基本タダ巻きです。

ギリギリルアーが動くぐらいのスピードでゆっくり巻いてやりましょう。

シーバスを確実に釣るならこの場所がオススメですよ!

長崎シーバスポイント 大手川河口サーフのおすすめタックル

シャローエリアのウェーディング攻略には長めのロッド!

サーフエリアのため、9ft6in~10ft6inの長めのローがオススメです。

硬さは、オープンエリアなので柔らかめで大丈夫です。

リーレは3000~4000番、ラインはPE1.2~1.5号にリーダー25~30lbで組みます。

この時期に攻めるならルアーローテーションは基本ミノー、フラッシング効果の高いルアーが釣果アップに繋がります。

長崎シーバスポイント 大手川河口サーフのおすすめ時期

長崎県島原市にあるシーバスポイントの大手川河口サーフのおすすめ釣り時期は冬になります!

具体的には12月〜3月頃がおすすめです。

この時期は産卵に絡んだ大型のシーバスを狙うことができるので、ランカーを求める釣り人は是非この時期に挑戦を!