山口シーバスポイント 山口県下関市 壇ノ浦漁港

山口県のシーバスポイント、山口県下関市の壇ノ浦漁港を紹介していきます!

この釣り場では、シーバス40cm~80cmを釣ることができます!

山口シーバスポイント 壇ノ浦漁港の行き方

高速関門道下関インター下車後、壇之浦方面に向かいます。

みもすそ川交差点を左折後、唐戸市場に向かいます。

その左側駐車場を利用すると便利です。

スニーカースタイルで関門海峡をラン&ガンできます。

流れが速いのでライフジャケットを必ず着用して、2人以上で釣行するのがオススメです。

関門橋をバックに写真撮影もできます!

山口シーバスポイント 壇ノ浦漁港の釣法

流れを知ることが釣果への第一歩

激流エリアの関門海峡です。

冬から春にかけて最大10ノットを超える激流に潜む海峽シーバスがいよいよ開幕!ここでは東から西に向かって流れる西流れとその逆があります。

最も手堅くシーバスを狙えるのはその西流れでまずやってほしいことが関門海峡海上交通センターの検索です。

そこに出ている潮流計を見て、流向、流速、傾向を把握します。西向きの流れで、流速が4~6に上がるときが狙い目です!

ここで使用するルアーは12㎝から14㎝のミノー。潮目に向かってキャストして、流れを感じながらスローにリトリーブします。

するとスッと抜けた感触がします。

そこでヒットしてくる事が多いので流れから抜けた瞬間に特に集中しましょう。

8ノットを超えるとバイトが少なくなり、釣りもやりにくくなります。

下りの7~5ノットまで一休みしましょう。

セイゴサイズでも激流の中でのファイトは楽しいですよ!

山口シーバスポイント 壇ノ浦漁港のおすすめタックル

飛距離を重視したタックルセレクトが大切!

できるだけロングキャストしたいので、やや長めの9ftBin~10ftのシーバスロッドがオススメです!

リールは3000~4000番、ラインは根掛かりや瀬ズレの心配がないので、細目で大丈夫です。

メインラインのPEは0.8~1.2号です。

使用するルアーで重視したいのが飛距離です。

圧倒的な飛距離を出せるブローウィン!140S加えて流れの中でしっかりと泳ぐアスリート14SSがおすすめ!

その使い方ですが、スローリトリーブだけでOKですよ!

山口シーバスポイント 壇ノ浦漁港のおすすめ時期

山口県のシーバスポイント、山口県下関市の壇ノ浦漁港のおすすめ釣りシーズンは冬になります!

具体的には12月〜2月頃がおすすめ釣り時期になります!

この時期は80cmクラスのランカーシーバスも釣れることがあるのでタモ網は大きめを常備しておきましょう!