広島メバリングポイント 広島県尾道市瀬戸田町 福田の港

広島県のメバリングポイント、広島県尾道市瀬戸田町 福田の港を紹介していきます!

この釣り場ではメバル平均20cm(最大25cm)を釣ることができます!

広島メバリングポイント 福田の港の浅橋の行き方

山陽自動車道の福山西IC下車、国道2号からしまなみ街道を目指します。

生口島道路の生口島北ICを下り最初の信号を左折し、瀬戸田港を目指すします。

最初の三叉路を左折し、尾道しまなみ商工会瀬戸田支所を通り過ぎ約3分で目的地に到着。近隣には住宅もあるので、夜間は特に迷惑がかからないように、アイドリングや騒音には十分注意しましょう。

比較的安全な場所だが、消波ブロック帯は危険なため必ずライフジャケットを身にましょう。

広島メバリングポイント 尾道市瀬戸田町 福田の港の釣法

その日のベイトでワームを使い分けよう!

そろそろ春を迎えるしまなみエリアは、メバルの活性が一気に高くなる時期に突入します。

瀬戸田水道の玄関口となる福田の港も、しまなみの春を満喫できるポイントで、メバルの他に桜鯛も狙うことができます。

この時期、福田のメバルのメインベイトは子イカです。

従ってメインルアーはそれを模したファットタイプ(ファットスクリュー)の物を多く使用しましょう。

流れに乗せてボトム付近をリフト&フォールでドリフトしているとバイトを感じることが多いのがここのパターンです。

また、イカナゴが沸いているときはスクリューテールグラブの細いフォルムが良く、2つタイプを持参しておけば外しは少ないはずです。

その場合は、防波堤出入り口にある石積てっぺんに刺さったポールの両端をリトリーブで通すと良いと思います。

いずれも、大潮や中潮などの満潮潮止まりから下げ3部ほどの潮が良く、それ以外だと良い流れが出ないためメバルの活性は低いです。

広島メバリングポイント 尾道市瀬戸田町 福田の港のおすすめタックル

激流エリアに負けないタックル選びを!

ロッドは激流エリアのためバットがしっかりした7~8ftのレングスが必要です。

ラインセレクトはPEラインなら0.4号以上+リーダー3lb以上はほしいです。

フロロなら2.5ポンド以上のラインセレトクが必要です。

リールは2000~2500番を使用します。

リールタイプはアップストリームで釣っていくためローギアタイプ以外の物が良いと思います。

ヒットルアーはジグリグのファットスクリュー(ベイトが子イカ)やスクリューテールグラブ(ベイトがイカナゴ)が多いです。

広島メバリングポイント 尾道市瀬戸田町 福田の港のおすすめ時期

広島県のメバリングポイント、広島県尾道市瀬戸田町 福田の港のおすすめ釣りシーズンは春になります!

具体的には2月~5月頃がおすすめの釣り時期になります!

夜間は近所の方に迷惑がかからないように騒いだりせず静かに釣りを楽しみましょう!