宮城バス釣りポイント 宮城県 南東部 阿武隈川を紹介していきます!

50cmアップも出る東北を代表する釣り場で、バスリバーに成長の可能性大のフィールドです!

宮城バス釣りポイント 阿武隈川への行き方

電車の場合、JR東北本線 槻木駅から白石川の合流点まで徒歩で約25~30分で到着します。

JR常磐線 逢隈駅から常磐線鉄橋まで徒歩約30分です。

クルマの場合、東北自動車道 白石ICから国道4号を名取 白石方面へ北上すると、右手に阿武隈川が見えます。

釣り場が広範囲にわたるのでマイカー利用をおすすめします。

宮城バス釣りポイント 阿武隈川について

現在バス釣りは、全国的にリバーフィールドが注目されています。

そん中、東北を代表するバスリバーに成長する可能性が大きいのが、この阿武隈川です。

今回、紹介するのは白石川が合流する地点より下流で、15kmも下れば太平洋に注ぐというエリアです。

一帯は岸を保護するためにテトラやゴロタ石が入り、ブッシュやオーバーハングした樹木も多くなっています。

ベイトフィッシュも豊富です。

増水し流れが激しくなったときに逃げ込んだり、スポーニングエリアになるワンドもあるなど、バスの棲息には絶好の環境となっています。

事実、まだ成長途上のフィールドながら、すでに50cmアップも多数あがっています。

スレていないため、ジャッカルのTN60などのバイブレーションに鋭く反応してくれる魅力もあります。


未開拓のポイントが多い阿武隈川を釣り歩けば、 60cmアップも決して夢ではありません。

今回はJR常磐線鉄橋~白石川の合流点までを紹介しており、まだ未開拓のポイントも多くあります。

阿武隈川では、宮城県内水面漁場管理委員会指示により、釣り上げたバスの再放流は禁止されています。

 

宮城バス釣りポイント 阿武隈川のランカー狙いのおすすめルアーは?

ランカーの実績ポイントとして有名なのは下の①白石川の合流点です。

過去には、夏にトップで50アップが釣れたことがあります。

ルアーはシマノ/トリプルインパクトです。


ヘドン/オリジナルザラスプークでも55cmがでています。


②槻木大橋近くの水門や、⑤田沢浄水場近くのテトラも大物の実績があります。

数では1日に約20本釣れることもあります。

ワームではSAWAMURAのワンナップシャッド3インチ、スピナーベイトではOSPのハイピッチャーがおすすめです。

阿武隈川バス釣りポイント①阿武隈川~白石川合流地点

流れがぶつかるところでランカーのヒットが多い

北岸のグラウンド前にはテトラが入ってアシが生え、中州もあるため複雑な流れを形成しており、バスには絶好のストラクチャーとなっています。

そのためベイトフィッシュが多く集まり、それを狙ってバスも集まってきています。

2本の川の流れがぶつかり合い、潮目のような流れのヨレができる所でランカーのヒットが多くなっています。

ヨレはかなり沖にできるので、遠投できるトップウォーターやバイブレーションがおすすめです。

阿武隈川バス釣りポイント②槻木大橋近くの水門

数も型も期待できる。雨後はテトラが狙い目

岸には沈みテトラ、流れ込みと中洲があり、規模はずっと小さいですが条件はポイント①と似ています。

ルアーはバイブレーションやスピナーベイトが効果的です。

沈みテトラの間をソフトルアーでじっくり探るのもよいでしょう。

雨後は特に、テトラの間にバスが入り込んでいることが多いです。

ただし、根がかりは多いので、その対策は十分にとりましょう!

阿武隈川バス釣りポイント③水道管下のワンド

三日月湖ともいいます。

岸にはアシが生え、オーバーハングしている樹木も多く、水質はマッディでバスがいかにも好む環境になっています。

アベレージサイズは30~40cmですが、噂ながら60cmクラスがあがったという話があります。

春のスポーニング時期には、ぜひ狙ってみてください。

ヘラ師も多いのでトラブルのないように注意してください!

阿武隈川バス釣りポイント④玉崎周辺

スポーニングエリア。50アップの実績が多いポイント

水流を和らげるためのゴロタ石、それが流されないように杭が打ち込まれています。

ワンドもあります。

岸の所々にアシ、沖目にもブッシュが生えているなど、ここもバスが居つく絶好の環境になっています。

杭やゴロタ石まわりを、ワンナップシャッドなどのフォーリングで攻めるのがセオリーです。

スポーニングエリアにもなるため、50cmアップの実績も多くなっています。

雨後、水量が増え流れが強くなったら、ワンドの入り口周辺も狙い目になります。

阿武隈川バス釣りポイント⑤田沢浄水場近くのテトラ

プレッシャーは高いが50cmアップが多くでるエリア

近年、プレッシャーはかなり高くなっていますが、阿武隈川の一級ポイントです。

朝夕は沖目でボイルもよく見られ、50cmアップも毎年ヒットしています。

過去には5月下旬に、テトラのアウトサイドでフリックシェイクのフォーリングで50cmがヒットしています。

ダウンショットやシャッドテールのフォーリングで、テトラの穴を重点的に探りましょう。

なお暗くなると足場が危険なので、釣りは明るい時間帯のみにしましょう。