水江町公園 シーバス釣りポイント アクセス方法や攻略法・実績ルアーを紹介!

神奈川のシーバスポイント水江町公園を紹介します!
アジングなども楽しめるポイントです!

春と秋にシーズンを迎える、工業地帯のど真ん中の親水公園です!

水江町公園 シーバス釣りポイントへのアクセス

首都高速神奈川1号横羽線浜川崎ICから約4kmです

川崎駅から約7kmです

駐車スペースは公園横にあります。

水江町公園 シーバス釣りポイントの攻略法

水江町公園は京浜運河に面した、工業地帯のど真ん中にあります。

京浜運河に面した約250mの横長の親水公園です。

広いポイントで、休日でも込み合うことが少ないです。

ほかの釣り場に入れないときの逃げ場としてもOKです

それでいて釣果には実績があります。

岸壁には長さ約20m、幅約15m2本の突堤があります。

全面が柵で囲われており、安全で釣りやすいエリアです。

高さはそれほどありませんが、とりこみには玉網は必要です。

全体的にこの突堤の先あたりまで浅いが、西側へいくほど浅場が沖側へ出ています。

場所によっては干潮時に底が露出する場所もあるので、満潮時のほうが釣りやすいです。

ポイントは、このシャローエリアの先にあるかけあがりです。

大型船が通るために深く浚渫されている沖側ヘキャスト、かけあがりの上を通してきましょう。

突堤の西側約30mの場所に排水口があります。

ベイトがたまりやすいポイントになっているので見逃さずに狙いましょう。

特に満潮時など潮位が高いときが良いです。

シーズンは春と秋。

秋にはランカーも期待できます。

ここでバチ抜けが起きているわけではないが、周辺から流されてきたバチにシーバスが寄っています。

このバチパターンは、3月後半から5月の大型連休くらいまでがメインになります。

夏場は水温が上昇して水質がよくないので、シーバス釣りにはよくないです。

逆に、冬場はクリアな水質になるものの、ベイトの影響からかシーバスはあまり望めませんが、メバルが楽しめる釣り場です。

秋からは年内いっぱいまでOK

水温次第では年明けでも十分に期待できます。

この時期は大型が狙え、底のほうで甲殻類を捕食しているようです。

バイブレーションなどのボトム狙いで釣れることが多いです。

水江町公園のシーバス釣りおすすめポイント

2本の突堤の先あたりまでは、干潮時に露出する場所があるほど浅いです。

満潮時の釣行をおすすめします。

水面まで2mほどで、柵が張りめぐらされています。

突堤の西側30mに排水口があります。

水江町公園のシーバス釣り実績ルアー

ベイトプレス 湾バイブアンサー

ボトムまで沈めて釣ることが多いこの場所では使いやすく、定番ルアーのひとつです。

ボトムからリフト&フォールで探っていくといいでしょう。