千葉アジングポイント 勝浦市 鵜原漁港 ベイトフィッシュの多いウネリに強い漁港!

千葉アジポイント、千葉県勝浦市 鵜原漁港を紹介して行きます!

この釣り場ではアジ20cm(最大30cm)を狙うことができます!

千葉アジングポイント 勝浦市 鵜原漁港への行き方

圏央道・市原鶴舞ICからR297を勝浦方面へ進み、R128との立体交差を右折し鴨川方面へ向かいます。

松部漁港入口交差点を左折し、鵜原館の入り口を左折し鵜原漁港へ向かいます。

この港は小規模ですが、キンメ漁やイセエビ漁など漁の盛んです。

漁港には漁業関係者が多く出入りするので、迷惑駐車やリグを船やロープに引っかけないように注意し、ラインの切れ端や千切れたワームなどのゴミも絶対に捨てないようにしましょう。

千葉アジングポイント 勝浦市 鵜原漁港の釣法

常夜灯がないので朝夕マヅメが時合に!

鵜原漁港はリアス式海岸の入り江を利用したつくりになっているため、ウネリに強いです。

また周囲が20~30mの高さの山に囲まれているので風にも強く、特にこれからの時期に吹く北寄りの風はほぼシャットアウトできます。

漁港自体は小規模で、港内の水深は3~5mほど、海底は砂地がほとんどだが海藻が多く生えています。

この港の魅力はベイトフィッシュの多さです。

周囲は岩礁帯の入り江になり漁港のすぐ外側は潮通しが良いのでシラスなどが豊富です。

それを狙って周囲の岩礁帯や沖からアジが群れで押し寄せます。

常夜灯がほとんどないので、マヅメに時合いがくることが多いです。

マヅメにはベイトフィッシュが港を出入りするので、アジの活性が爆発的に上がり大ボイルが発生することもあります。

釣り方だが日中や夜は軽いジグ単でネチネチとマヅメのチャンスタイムはやや重めのジグ単でダートを織り交ぜてアピールさせると効果的です。

千葉アジングポイント 勝浦市 鵜原漁港のおすすめタックルは!?

感度と操作性を重視したロッドを!

ロッドは軽量のリグを扱いやすい軽量で高感度のアジングロッドがおすすめです。

ラインはフロロの1.5lbに3lbのリーダーを20cmほど結束します。
PEラインは風が強い際に釣りにならないので、メインラインはフロロがおすすめです。

夜や日中の時間帯には0.5gほどの軽量ジグヘッドにアジングビームで浮遊系のベイトを演出しましょう!

マヅメ時には1~1.5gほどの鏃ヘッドとフレアビームでダートを織り交ぜてベイトフィッシュライクに誘いましょう!

ダイワ 月下美人 SWライトジグヘッド鏃 SS パワーフック グロー 1.5g #6
  • ダイワ(DAIWA)
  • 価格   ¥ 432
  • 販売者 Amazon.co.jp

千葉アジングポイント 勝浦市 鵜原漁港おすすめ時期は!?

千葉アジングポイント、千葉県勝浦市 鵜原漁港のおすすめ釣りシーズンは秋から冬にかけてになります!

具体的には10月〜12月頃がおすすめ釣り時期です!

風で体温を奪われるので、防寒対策はしっかりして釣りを楽しみましょう!