東品川海上公園・天王洲公園のシーバス釣りポイント 攻略法と実績ルアーを紹介!

東京湾シーバスポイント東品川海上公園を紹介します!

高浜運河の南端は河川の流入や運河、水門など変化の多い春先のポイントです!

東品川海上公園への行き方

品川駅東口から約1.7kmです。

24時間利用できるコインパーキングがあります。

東品川海上公園のシーバス釣り攻略法

目黒川と天王洲南運河が交差する場所にあるのが東品川海上公園です。

高浜運河の南側の終点です。

天王洲公園に隣接し、歩行用のアイル橋で天王洲南運河を渡った場所とに分かれている公園です。

メインポイントは、天王洲側のエリアにあるボードウォークの遊歩道です。

腰くらいまでの柵があり、安全で釣りやすいです。

高浜運河全体にいえますが、奥まった場所なので、夏場は水温が上がりすぎ、あまりよくありません。

やはり、バチ抜けシーズンがメインになるポイントです。

目黒川からの流れはもちろん、干満でよく潮が動く場所です。

過去の実績では満潮の潮止まり前後にヒットが集中しています。

ポイントは目黒川からの流れや水門で狭められて速く流れる潮流から生まれるヨレです。

または、アイル橋や公園内の常夜灯からの明かりでできる明暗部です。

シンペンやFミノーの9cmクラスで狙いましょう。

バチ抜けシーズンの定番なので、はずさないようにしましょう。

対岸の東品川海上公園内でも釣ることができます。

しかし、オイルフェンスなどあって釣りにくく、釣りができる範囲は小さいです。

高浜運河の対岸は足場が高くフェンスがあり釣りはできません。

また、目黒川沿いは足場も高く住宅街になるので避けたほうがいいでしょう。

アプローチしやすい場所なので、シーズンにはかなり釣り人で込み合うので注意しましょう。

釣り人以外に散歩している人もいます。

キャスト時は後方を必ず確認しましょう。

入れないようフェンスを設置してある場所もあるが、それを越えて入る人も絶ちません。

釣り禁止になりかねないので、ルールはしっかりと守って釣りを楽しみましょう。

桜の季節は、花びらがこのエリアに集中することがあります。

ラインに花びらが付いてきて非常に釣りづらいこともあります。

こんなときは避けて周辺のボイントヘ移動したほうがいいでしょう。

東品川海上公園のシーバスおすすめポイント


安全でお手軽な釣り場なので、シーズンには込み合います。


身近な場所ですが、3方向からの流れが合流する場所なのでヨレが出やすく実績は高いです。

東品川海上公園のシーバス釣り実績ルアー

アイマ コモモSF-95スリム

リップレスでスリムなローリング系のミノーです。

レンジキープが簡単にできるので、バチ抜けシーズンには使いやすく外せません。