千葉エギングポイント 千葉県勝浦市 吉尾漁港

千葉県のエギングポイント、千葉県勝浦市 吉尾漁港を紹介して行きます!

この釣り場ではアオリイカの800g~1.5kg(最大3kg)を狙うことができます!

千葉エギングポイント 吉尾漁港の行き方

京葉道路、館山自動車道の木更津JCTから圏央道へ入り、市原鶴舞ICから国道297号を勝浦方面へ進み、国道128号を鴨川方面へ向かいます。

松部漁港入口交差点を左折すれば吉尾漁港へ到着します。

吉尾漁港のある勝浦市は海岸線のすぐ近くに数十メートルのガケが迫っており、左側の堤防に行くにはガケの下を通らなければいけないので十分注意して通行するようにしましょう。

千葉エギングポイント 吉尾漁港の釣法

産卵に適した海藻帯が多く人気スポットに囲まれた穴場的場所

勝浦エリアは春のアオリイカが狙って釣れる太平洋側でも北端に当たるエリアだが、黒潮は当たりやすくアオリイカの数自体は多いです。

また、春から初夏にかけてはアオリイカの産卵時期で、産卵に適した海藻があり、その卵がシケても影響の少ないワンドや入り江のような穏やかな場所です。

さらに親イカがディープから上がって来やすいので一大産卵場となります。

吉尾漁港の構造は中央にスロープがあり、その両側に堤防が伸びるだけのシンプルな造りです。

堤防から狙う場合は左側の先端のみになるので、エギンガーが素通りしそうな漁港だが、沖の深場から続く船道があり、そこが狙い目。

船道の周囲は浅い岩礁帯となっているので波が直接当たることがなく穏やかです。

また、北、西、東側にはすぐ山があるので強風時でも釣りになるここでの釣りで気を付けたいのは根がかりです。

なるべくカウントダウンで海藻帯の上だけを狙っていくようにしましょう。

千葉エギングポイント 吉尾漁港のおすすめタックル

海藻帯でも安心して釣ることができる太めのラインをチョイス!

ロッドは8~9ftのミディアムクラス、リールはDAIWAなら2500番クラスがおすすめです。

メインラインはPE0.5~0.8号にリーダーはフロロの2~3号を結びます。

外房はカジメなどの硬い海藻が多く、ラインは細すぎるよりもワンランク太い方が安心して海藻帯を攻めることができます。

エメラルダスラトルはキレのあるアクションとラトルで広範囲にアピールし、サイレントのドローフォーは多彩なアクションで誘いましょう。

千葉エギングポイント 吉尾漁港のおすすめ時期

千葉県のエギングポイント、千葉県勝浦市 吉尾漁港のおすすめ釣りシーズンは春から夏にかけてになります!

具体的には4月〜7月頃がおすすめのアオリイカ釣り時期です!