興津西港アオリイカ釣りポイント おすすめの攻略法も紹介!

千葉アオリイカ釣りポイント、千葉県勝浦市 興津西港を紹介して行きます!

この釣り場ではエギングで 500g~1kgを狙うことができます!

興津西港アオリイカ釣りポイントの行き方

興津周辺は伊勢エビ漁や定置網漁が盛んで、興津西港周辺にも定置網やエビ網が設置されていることが多いです。

網があるとブイが浮かんでいるのでその周囲にはキャストせず絶対に引っかけない様に注意してください。

また、消波ブロックの上はもちろん、堤防からでもライフジャケットを装備しましょう。

興津西港アオリイカ釣りポイントの攻略法

中央にある消波ブロック帯と東堤先からロングキャストで海藻帯を狙うのがポイント!

興津西港は湾内にあるため、外洋に面した外房でありながら波は穏やかです。

周囲には深場、岩礁帯、海藻帯、砂地、河川など様々な要素があり、1年を通して狙える魚種も多く、トイレや有料駐車場も目の前にあるので幅広い釣り人に人気の港です。

アオリイカは早ければ3月前半から始まり、5~6月にピークを迎え、7月一杯まで狙えます。

特に実績が高いのは、魚市場の右にある消波ブロック帯の堤防と、そのさらに右側にある東堤。

消波ブロック帯の左側は水深が4mほどで、海底にはアマモが茂っています。

右側は水深が4~6mほどで、カジメやホンダワラなどの海藻が多い。

東堤の先端部は、潮通しが良く水深もあるので回遊狙いに最適です。

堤防の付け根付近は浅いが、消波ブロック帯の右側と同様の水深と海藻があり実績は高い。

また、港内に伸びる2本の突堤は船道が狙え、産卵期にはアマモが生えるので意外と狙い目です。

興津西港アオリイカ釣りポイントのおすすめタックルは!?

海藻が多いのでラインは太めがおすすめ!

水深は4~6mで流れはほぼ無いので、エギは3.5~4号のノーマルがメインで、スローに攻めるにはシャロータイプ、風がある時などはディープタイプもあるといいでしょう。

そのエギを扱える8ftクラスのロッドに、リールはDAIWAなら2500番クラスが標準です。

ラインはPE0.8号前後にリーダーはフロロカーボンの2.5号前後。

前述の通り浅いのでラインが太い事によるデメリットは少なく、海藻が多いので逆に少し太い方が安心して攻められるでしょう。

興津西港アオリイカ釣りポイント のおすすめ時期は!?

千葉アオリイカ釣りポイント、千葉県勝浦市 興津西港のおすすめエギングシーズンは春から夏にかけてになります!

具体的には4月〜6月頃がおすすめ釣り時期です!