静岡サーフ(ヒラメ)ポイント 静岡県掛川市 弁財天川河口

静岡県のサーフポイント、静岡県掛川市 弁財天川河口を紹介して行きます!

この釣り場ではヒラメ40cm~70cmを狙うことができます!

静岡サーフ(ヒラメ)ポイント 弁財天川河口の行き方

国道50号線を御前崎市方面へ走り、掛川市大須賀体育館入り口を右折すれば弁財天川河口部へ到着します。

またポイントは延々と続く砂浜となり、四輪駆動車なら侵入可能なポイントだが、空転の危険もあるので十分注意しましょう。

間違っても2輪駆動車や車高の低い車では進入しないことをおすすめします。

静岡サーフ(ヒラメ)ポイント 弁財天川河口の釣法

変化の少ないサーフにある河口部は、ベイトもヒラメも付きやすい!

遠州灘のように変化が少なく延々と続く砂浜では、小さな河川の河口部でも大きな変化となり、ベイトフィッシュが集まりやすく、それを捕食するフィッシュイーターであるヒラメの好ポイントとなってきます。

弁財天川は干潮時には渡れてしまうような水深のない河川ということもあり、河口部の地形や潮流によって河川の流れは日によって変化するのが特徴です。

東へ流れる日もあれば西へ流れることもあるので釣り場に立ってからその流れの効いているエリアを探していくのが攻略法となってきます。

探し方としては、川の水自体は外洋の海水に比べて濁っているので、その濁リがどちら方向へ流れていっているのかを目で確認していきましょう。

このポイントでルアーに求められる性能となると、やはり飛距離があげられます。

特に河口の東側は遠浅となっているため、沖を探るには飛距離が最重要です。

それに比べると西側は水深があるため、ボトムまでレンジを刻めるルアーが良いでしょう。

静岡サーフ(ヒラメ)ポイント 弁財天川河口のおすすめタックル

ラインは飛距離重視の細めがおすすめ!

ロッドは体格に合わせて飛距離重視の長さを選び、使用ルアーが重いこととヒットするヒラメのサイズが大型なのでパワーのあるものが良いでしょう。

リールは軽量モデルを使うことで長時間の釣りでも疲労感なく楽しめるようなセッティングがベターです。

障害物もないためラインは飛距離重視で細目のPE0.8号にリーダーはナイロンラインの20lbがおすすめセッティングです。

静岡サーフ(ヒラメ)ポイント 弁財天川河口のおすすめ時期

静岡県のサーフポイント、静岡県掛川市 弁財天川河口のおすすめヒラメ釣りシーズンは春から夏にかけてになります!

具体的には4月〜7月頃がおすすめ釣り時期です!